TOP
49.14score

マーブル

イルミネーションは、なぜ冬が主流なのか?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


イルミネーションといえば、冬の風物詩です。街中にイルミネーションが輝き、冬のデートともなれば、心が躍るものです。

近年では、テーマパークや観光地などを中心に、年中イルミネーションを使用しているところもあるのではないでしょうか。

<イルミネーションはなぜ冬なのか>
冬にイルミネーションが飾られる理由は、以下のことが要因となっています。

―日没が早い―
冬は、日没が早いですよね。日没が早いということは、必然的にイルミネーションを披露する時間が増えます。

―空気が澄んでいるのでクリアーに見える―
冬は、気流が安定しているため、空気の中に塵や埃の混入が少なく、イルミネーションが綺麗に見えます。

また、空気が乾燥していることや、昼夜の気温の差が少ないことから、大気の揺らぎが少ないことも、イルミネーションが綺麗に見える理由となります。

―冬のイベントに添えて―
夏には、各地で花火大会が開催されていますが、冬はイベントが少なく、光もののイベントが少ないことから、冬にが多いといわれています。

冬といえば、クリスマス,バレンタインデー,ホワイトデーなどイベントが盛りだくさんです。イルミネーションがあったら、幻想的ですよね!

―夏のイルミネーションは樹木が可哀想―
野外イルミネーションといえば、樹木に電球を付けるのが一般的ですよね。LEDライトが普及したとはいえ、イルミネーションの光は反射するため、夏場の樹木に大きなダメージを加えることから、冬のイルミネーションが一般的となりました。

また、冬は、広葉樹が葉を落とすので、電球を飾り付けるにも簡単なことがあげられます。

―冬の集客UPと防犯対策―
イルミネーションが綺麗であれば、イルミネーション見たさに、人は集まりますよね。人が集まれば、その施設やイベントでの購買力が、大きく違ってきます。

更に、そこへ出向くためには、交通費がかかりますので、経済効果も期待できます。

また、ある調査では暗闇の夜道より、イルミネーションによって明るく照らされた道の方が、防犯率は下がるといいます。

冬のイルミネーションは、経済効果や鑑賞目的の他に、防犯面でも一役買っているといえます。

野外イルミネーションが、冬に多い理由は様々ありましたが、近年は消費電力の少ないLED電球の普及と共に、イルミネーションは冬だけでなく、年中利用される傾向にあります。

イルミネーションは、飾る楽しみや鑑賞する楽しみがあります。冬限定から年中鑑賞できるイルミネーションとなれば、イルミネーションを楽しむ機会が増えて嬉しさ倍増ですね。

今年の冬のイルミネーションは、これからが本場です。あなたなりの冬のイルミネーションを、満喫してみましょう!

.

最終更新日:2017-11-29 22:53

コメント (0)