TOP
44.59score

マーブル

あこがれた成人式 成人加冠式とは?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


成人式は、人生で重要な節目の一つですよね。ところで、冠婚葬祭の「冠」は、「成人になる」を表していることを、ご存知でしたか?

古くから「成人になる」儀式がどのようなものだったか、私が経験した現代の成人式と、当時あこがれた成人加冠式を、ご紹介しますね。

私が経験した成人式は、晴れ着を着て、地域の新成人が一堂に介すものです。この方式は、成人を迎えた方の大半が、経験されたものではないでしょうか。

20歳で成人式が行われるようになったのは、戦前のことで、現在の新成人が一堂に介す方法は、1946年埼玉県で始まったといわれています。

元々、成人式はどのようなものだったのか、ご紹介しますね。
<元々は元服式が男子の成人式!?>
元々奈良時代以降、数え歳12~16歳の男子が行った「元服」という儀式が、現在の成人式に当たります。

髪を大人の髪型に結い、服装を大人のものへ改めたといいます。また、幼名から新しい名前に切り替えたり、冠を付けたりしました。

江戸時代になると、貴族の身が儀式を細部まで詠唱し、その他の人は、前髪を切り落とすだけという簡略化されていったようです。貴族に伝承された儀式は、元服,加冠(かかん),初冠(ういこうぶり)などと、呼ばれていたようですよ。

<公家の女子の成人式>
女子の場合はどうだったかというと、腰から下にまとう衣服を身に着ける儀式「裳着(もぎ)」を、12~16歳で執り行われていました。

この儀式は、結婚が決まった時,結婚が決まりそうな時に行われ、同時に垂らした髪を、結いあげる髪上げも行われたようです。

ここまでは、上流階級のしきたりですが、庶民には庶民の成人式があったようです。例えば、「米俵を一人で運べるようになったら、一人前」「一人で鹿狩りがでいるようになったらい一人前」というようなことが、各地にあったようです。
<憧れの加冠式>
私は、オーソドックスな成人式を経験しましたが、私の在学した大学では、神道科があり、奈良・平安時代貴族の間で執り行われた成人の儀式、「成人加冠式」がありました。

男子が冠、女子が釵子と呼ばれる装飾具を頭部に着す「加冠之儀」が式の中心です。この儀式により、成人の装束を完全に身にまとうことで、一人前になったことを披露するものです。

優美な行事の様子は、神道科の学生のみならず、他学部学生の憧れとなっていた行事の一つでした。

一般的に成人式というと、振袖,羽織・袴,スーツ姿ですが、この加冠式は、雅楽と共に儀式が進み、神職の服装を身にまとう厳かで優雅さをも感じるものでした。

二十歳の節目に、由緒正しい日本らしい成人加冠式は、私の憧れた思い出深い成人式の一つです。

.

最終更新日:2017-12-30 15:44

コメント (0)