TOP
44.86score

マーブル

年末ダイエットを上手に取り入れよう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


年末は、美味しいものに手が伸び、ついつい食べ過ぎることはありませんか。年末は、忘年会,クリスマス,大晦日など、イベントが目白押しですよね。

年末・年始の太る原因や、危険性を把握しておくと、年末ダイエットに繋げやすいですね。

年末・年始に、食べても太らない食生活や食事を、ご紹介します。年末ダイエットのコツをつかんで、体型キープを心掛けたいですね!

<年末太りは阻止できる?>
年末に暴飲暴食を繰り返す結果、体重が増加しウエストがきつくなり、顔が丸くなったことで、「ダイエットしなくては!」と、焦り出す人が多いのではないでしょうか。

この反面、年末に全く太ることなく、体型を維持できる人がいるのも事実なのです。

<年末太りする理由とは?>
年末太りの理由を把握しておけば、対策を立てやすいですよね。年末に太る理由を、みてみましょう!

―イベントが多い―
年末は、イベントが集中するため、いつもより食事の量やアルコールの量が増えるため、当然のことながら、カロリーも多く摂取してしまいましよね。

暴飲暴食をしたのち、直ぐにカロリー消費ができれば良いのですが、年末は休む暇なくイベントが続くこともざらではないでしょうか。このようになってしまうと、年末太りは必至ですよね。

―糖分・塩分が多い料理―
和食ならば、ヘルシーで良いと思っている方も多いと思いますが、日持ちを目的とした料理は、塩分や糖分が必然的に多くなり、太りやすいメニューとなるのです。

例えば、お正月のおせち料理が、その代表的な料理です。おせち料理には「栗きんとん」「伊達巻」「煮しめ」など、つい手を伸ばしたくなる料理が多いですよね。

高カロリーの料理だけでなく、低カロリーの料理を上手に摂取することで、総カロリーを減らす上手な食べ方となります。

―運動不足―
年末は、気忙しさから、運動習慣をストップしたり、「年末だけは…」「寒いから」という理由で、家の中でゴロゴロした生活を送ってしまうのも、太る理由です。

運動不足で高カロリーの食事をしていたら、体に脂肪が付くのは、当然のことですよね。

<年末太りはなぜ危険?>
太ると体重や体のサイズが変わるだけでなく、放置すると内臓脂肪が増えるのです。内臓脂肪増加は、高脂血症や高血圧になる確率が、高くなるといわれています。

消費されない脂肪が、内臓に溜まったものを、内臓脂肪と呼びます。年末に食べすぎが続く場合には、要注意ですよね。

「運動不足」や「筋力ダウン」によって、基礎代謝がダウンすることも、内臓脂肪を増やす原因となりますので、上手に運動を取り入れたいものですね。

年末ダイエットで、積極的な運動と食事制限を組み合わせ、スリムな体形を維持しましょう!

.

最終更新日:2017-12-25 21:24

コメント (0)