TOP
34.98score

マーブル

<必見:海外旅行の裏技>クレジットカードはこう使うべし!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


海外旅行では外貨を持参するよりも、海外で外貨を調達した方が安全で安上がりだって、ご存知でしたか?
クレジットカードのキャッシング機能を海外で使うという裏技があるので、メリット・デメリットを解説しますね。
特に米国以外を旅行するときには、大いに威力を発揮する外貨調達方法です。

<どうすればお得?>
海外旅行をするときに、外貨をどう用意するか悩みません?

一般的な方法としては、国内で両替して外貨を持参する、現地の両替商で両替する、などの方法を、あなたはご存知だと感じます。
また、「外貨預金を作っておいて、それを海外の提携ATMやキャッシュディスペンサーでおろす」、なんてこともやっている方もいるようですね。
私がお勧めしたいのが、海外でクレジットカードを利用する方法です。といっても、海外では、チップや小さな買い物、交通機関の利用などではどうしてもキャッシュが必要ですよね。
そのための必要最低限のキャッシュを外貨でどう用意するかという点で、クレジットカードによる現地でのキャッシングをおすすめします。
<クレジットカードの海外キャッシング機能と返済方法>
―メリット―
海外にもクレジットカードでキャッシングできるATMは街にたくさんあります。使えるATMには、Visa、MasterCardなどのカードの名前か、PLUSというロゴか表示されています。

ちょっとしたホテルやデパートならその店内にもありますので、便利です。そのATMを利用して、外貨を引き出すのです。

1 手軽で便利:手軽で簡単暗証番号さえ覚えていれば、外貨をおろせます。

2 為替レートがお得:利用日の実勢レートで換算されますので、上乗せレートがないのがありがたいシステムです。マイナーな通貨になるほど、大きな安心となりますよ!

3 手数料が単純明快:ATM利用手数料以外のコストは、金利だけです。

4 返済は自在:キャッシングの返済は、いつでも簡単にできます。

<海外キャッシングのデメリットと注意点>
1 1回当たりの利用額に上限がある

2 キャッシングなので金利が高い
キャッシングは高金利が最大のデメリットですが、私は帰国したらまっさきに国内のATMを利用して一括返済します。10万円のキャッシングを年利20%で受けたとしても、10日間で返せば、支払う金利は、わずか500円ほどです。

この方法は、クレジットカードをATMに挿入して日本円を投入すれば、簡単に完了するので、おすすめです。

外貨両替には、様々な方法があり、必ずメリット・デメリットが生じます。今回ご紹介した方法は、ほんの一例に過ぎませんので、あなたに合った方法を模索して、お得に両替えしてみてくださいね!

.

最終更新日:2018-03-08 04:58

コメント (0)